勉強法

「テスト採点読み」勉強法のToDoリスト

「テスト採点読み」勉強法を使いやすいように、ToDoリストにまとめました。
この勉強法の詳細については、下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
2回目の採点を終えた後のテスト用ノートの様子。1回目と比べて格段にかけていることがわかる。
教科書を暗記するなら「テスト採点読み」勉強法がオススメ受験が半年後に迫っているので、教科書を覚えたい。 もしくは、有用な書籍を常に脳内に入れてバリバリ仕事したい。 「頭の中に本が丸ごと入...
忙しい人向けなので、省いているところもあるよ!

用意するもの

・覚えたいテキスト
・黒ボールペン,青ボールペン (書きやすく、色が2色あれば何でもいい)
・ノート2冊
・ルーズリーフ
・付せん(なるべく透明)

下準備

Step.1 テキストを眺める

覚えたいテキストを眺める。
この時、テキストのレイアウト(特に、小見出し,大見出しの量)を把握する。

Step.2 ブロックを指定する

テキストをブロックに分割する。分量の目安は、1ブロック5ページ以下。
小見出し、大見出しの位置を参考にすると良い。

Step.3 学習進捗表を作る

ルーズリーフに、「〇〇の学習進捗表」とタイトルを書く。

左端に、ブロックごとのタイトルを書く。
小見出し、大見出しを参考にブロックを分けた場合はその見出しを書く。
自分の判断で分けた場合は、その場でブロックを名づけて書く。

書き終えたら、縦線を引いて、横軸に「T C T C」と書く。

テスト

テスト用のノート、学習進捗表、黒ボールペンを用意。

1.学習進捗表からタイトルを1つ写す
2.そのタイトルのブロックに書いてあった内容を、できるだけ思い出して書く
3.書いた行数+1行分の空欄をあける
4.学習進捗表のTの部分に印をつける

これを各ブロックについて行う。

採点読み

テスト用のノート、模範解答用のノート、学習進捗表、青ボールペン、テキストを用意。

1.自分の答案と、対応するブロックの文章を読む。
2.自分の答案を(できる範囲で)添削する。
3.ブロックの要約を、あけておいた空白に作る。
4.作った要約と、ブロックの文章を読む。
5.学習進捗表のCの部分に印をつける。

ただし、
・文章が分からなすぎて要約が作れない場合
→学習進捗表には何も書かず、このブロックは一旦飛ばす
・ブロック全体に覚える意味がない場合
→学習進捗表に、「削除」と書き、このブロックの学習予定を削除する
・書いた答案がほとんどあっている場合
→模範解答ノートに自分の解答を書き写し、学習進捗表にさくいんを振る
→明日の日付を書き、復習スケジュールに入れる

復習する

学習進捗表に書かれた日付になったら、そのブロックをテストする。
テストの結果次第で復習間隔をかえ、次の復習予定日を学習進捗表に書きこむ。
これを毎日繰り返す。

あわせて読みたい
問題集において×3式を適応する場合の復習スケジュール。
復習の適切なタイミングを計算・管理する方法今日も元気に復習してますか!? 試験を突破したい、何かスキルを身に付けたいと願って勉強に挑む私たちにとって、「復習」というのは一見...

全てのブロックが出揃ったら、学習完了です!