Anki

Ankiの使い方-基本動作がすぐに身につく初心者ガイド(最新版 Ver.2.0.52)

この記事はAnki Ver.2.0.52に対応しています。(2018/7/2現在 最新Ver.)

「Ankiをインストールしたけど、何から始めればいいのかわからない!」という方へ。

Ankiは優秀なアプリですが、たしかに最初はとっつきにくいです。
そこで、これさえやれば最低限つかえる、Ankiの初心者ガイドを書いてみました。

このガイドに沿ってAnkiを動かすことで、「問題を追加し、学習する」基本的な流れを把握できます。
また、より詳しく知りたい方のために、随所に関連記事も貼ってあるのでそちらもご参考ください。
(以下の説明ではMac OS版Ankiを使用していますが、基本的な操作はWindows版と同じです。)

まだAnkiをインストールしていない方はこちらへ。

あわせて読みたい
Windows版 Ankiのインストール方法(ダウンロード~初回設定まで)この記事はAnki Ver.2.0.52に対応しています。(2018/7/2現在 最新Ver.) はじめに この記事ではWindow...
あわせて読みたい
Mac版 Ankiのインストール方法(ダウンロード~初回設定まで)この記事はAnki Ver.2.0.52に対応しています。(2018/7/2現在 最新Ver.) はじめに この記事ではMac OS...

「Ankiって何?」という方はこちらをご覧ください。Ankiはオススメの暗記アプリです。

あわせて読みたい
暗記アプリ最強は「Anki」。一度覚えたら忘れない恐るべき実力をみよ。 もし暗記が苦手なら、Ankiは必ずあなたを助けます。紙の単語帳や、蛍光ペンまみれの教科書では考えられないような大きな効果を、ほんのわ...

 

正式な情報を知りたい方は、こちらがおすすめです。(外部リンク)
Anki User Manual https://apps.ankiweb.net/docs/manual.html
Anki 日本語版マニュアル https://wikiwiki.jp/rage2050/FrontPage

問題を追加する

メインウインドウ

Ankiのメインウインドウ

Ankiを開いて最初に出てくる画面、これがメインウインドウです。

問題を追加するには、上部にある「追加」ボタンをクリックしましょう。

追加ウインドウ

Ankiの追加ウインドウ

大きな入力欄が2つありますね。
Frontと書かれた上の入力欄は、暗記カードでいうオモテ面、
Backと書かれた下の入力欄が、暗記カードでいうウラ面になります。

ここではFrontに「りんご」、Backに「apple」と入れてみましょう。
入れ終わったら、下の「追加」をクリックします。

追加が終わったら、いったん右下にある「閉じる」をクリックしてください。

動作の確認

新規に1枚追加されていることがわかる。

新規」の部分に青色で1と表示されていますね!
これは、この単語帳には新しいノートが1枚含まれていることを意味します。
どうやら、先ほどのノートが正常に追加されたようです。

学習する

新規ノートを学習する

次は、先ほど追加したノートを学習してみましょう!

「default」単語帳をクリック

メインウィンドウから単語帳「default」をクリックしてください。

単語帳概要画面

単語帳概要画面これが単語帳概要画面です。
単語帳を学習する際は、ここがスタート画面になります。
それでは、実際に学習を開始しましょう。
学習する」をクリックしてください。

学習画面

学習画面

先ほど追加した「りんご」の問題が出題されています!
最初の段階では解答は見えず、問題文だけが表示されるようになっています。
この状態で、ウラ面に何が書いてあったかを思い出してみましょう。
解答を確認したくなったら、最下部の解答を表示をクリックするか、Enterキーを押して解答を表示します。

ankiの学習画面。解答が表示されている。

先ほど入力した解答「apple」が表示されました!正解できたでしょうか?

下にある評価ボタンを見てください。「もう一回」「普通」「簡単」の3つがありますね。
このノートをどれくらい覚えられたかによって、クリックする評価ボタンを変えていきましょう。
そうすることで、自分の習熟度に合った復習スケジュールが自動的に設定されるしくみになっています。

あまり思い出せなかった場合は「もう一回」を押しましょう。同じ問題が1分後に出題されます。
思い出せた場合は「普通」を押しましょう。同じ問題が10分後に出題されます。
あまりにも簡単だった場合は「簡単」を押しましょう。同じ問題は2日後に出題されます。

ここでは、「簡単」ボタンを押してみましょう。
間違ったボタンを押してしまったときは、Macの場合は⌘+Z,WIndowsの場合はCtrl+Zで取り消すことができます。(Ankiで一番使うショートカットかもしれません。覚えておくと便利です!)

学習完了画面

学習終了画面

出題される問題が全てなくなったら、この画面が表示されます。
ノートをすべて覚えおわり、この画面にたどりついた時の達成感は格別です!

復習ノートを学習する

数日後、Ankiの画面はこのようになっています。

復習時のAnki画面

前回学習した新規カードが、復習カードに移動しました。
簡単」ボタンをおされた「りんご」の復習タイミングが来たということです。

また、解答画面には新しく「難しい」ボタンが追加されています。
これは、「覚えていたけど難しい」と思ったときに使うボタンです。
それ以外は新規カードの学習時と変わりません。

おわりに

以上が、Ankiにおける基本的な流れです。
この「カードを追加し、学習する」基本的な機能だけでも、日頃の暗記をおおいに助けることでしょう。
それでは良いAnkiライフを!