勉強法

山口真由氏の「7回読み勉強法」は非効率だ

7回読み勉強法サムネイル

挑発的なタイトルになっています、申し訳ありません。
しかし、そう言わざるを得ない理由があるのです。
7回読み勉強法」には、いくつか素晴らしい視点が含まれているものの、誰にでも実践できる勉強法だとは言えません。

この記事では、「7回読み勉強法」の内容と、それを提唱した山口真由氏の経歴を踏まえた上で、勉強法としての「7回読み勉強法」の良し悪しについて徹底的に考えたいと思います。

「7回読み勉強法」とは

まず7回読み勉強法とは何か、山口氏の著書『東大首席弁護士が実践!誰でもできる〈完全独学〉勉強術』を元に、簡単におさえておこうと思います。


7回読み勉強法とは、教科書などのテキストを7回読むことで覚える勉強法
読み方を回数によって変えることで、テキスト全体の構成から細部までを覚えられるそうです。

1回目~3回目:テキストの下読み

1回目から3回目までは、「テキストの内容を理解しようとせずに、サラサラと読む(眺める)」。
1ページ1~4秒程度の速さで眺めるため、本文の意味はあまり取れない。
・しかし、大見出しや小見出しの順番、どの位置に単語や数字や図表があったかが予想できるようになる。
・目的は、テキストの全体像をぼんやりと把握すること。

4回目,5回目:テキストの黙読

4回目と5回目は、「テンポよく黙読する」。
・次に読むところの内容を予想しながら読む。
・この段階で、理解度が2割から8割に跳ね上がる。

6回目,7回目:テキストの要約と確認

6回目と7回目は、「黙読+ページ全体を要約しながらざっと読む」。
目的は細部の最終確認。
6回目は普通の黙読をしたのち、文章の要約を脳内で作りながらざっと読む。
7回目は、文章の要約を思い出したのち、それがあっていたか黙読する。

以上の7回読みでは足りない、と感じたら読み足す
読み方が大きく変わる段階では、1~2日ほど間隔を空ける。


以上が、7回読み勉強法のまとめです。
教科書を7回読むだけで丸暗記できる」というのは、非常なキャッチーな宣伝文句なので、実践しようとした人(、そして挫折した人)も多くいたことだろうと思います。

しかし、「7回読み勉強法」について真に迫るためには、方法論を把握するだけでは足りません。
一体どんな人が書いたのか?」について知る必要があります。

山口真由氏の経歴

山口氏の著書『東大首席弁護士が実践!誰でもできる〈完全独学〉勉強術』の著者略歴には、こうあります。

弁護士。1983年北海道生まれ。2002年東京大学法学部入学。在学中3年生時に司法試験合格。4年生時に国家公務員I種試験合格。06年東京大学法学部を首席で卒業後、財務省に入省し、主に国際課税を含む租税政策に従事する。09年弁護士登録。現在は企業法務を扱う弁護士として働きながら、テレビ出演などでも活躍。

うお、眩しい経歴…

また、同著書の中には、東大合格・司法試験合格までのエピソードが載っています。それらを簡単にまとめたのがこちら。


幼い頃から成績優秀。小・中学生の頃から継続して学校で1番2番の成績。
・中学3年生の時に全国模試でトップになる。
・それをきっかけに高校から上京、筑波大学附属高校へ。
・東大受験直前期の勉強時間は1日14時間30分
・東大在学中に全162単位で優を獲得、東大総長賞受賞
・司法試験受験直前期の勉強時間は1日19時間30分


相変わらず眩しいですね。山口氏が有名になるにふさわしい、エピソード映えするエピソードです。

しかし、”誰でもできる”勉強法を語る上では、もっと細心の注意を払うべきだったのではないでしょうか。

著者の才能を特定する

これは全般に言える話ですが、「私はこうやって成功した!皆さんにもオススメの方法です!」というような調子で伝えられる方法論は、多くの場合、そのままやっても上手くいきません
その著者の成功談には、「著者が意識しなくても手に入れていた才能」は含まれていないからです。

自分の才能に、自分で気づくのは本当に難しいことです。なぜなら、「本人にとっては当たり前だが、周りの人にはないもの」こそが、才能だからです。
こうした才能の部分は、成功談に書かれることはありません
その人にとっては「当たり前」のことなので、それが成功に関係していることすら、気づかないのです。

気づいたとしても、説明が難しいという理由で書かれないこともあります。
例えば、「右」という単語の意味を、「右」という単語を使わないで説明するのは、意外に難しいでしょう。
自分にとって当たり前のことを、他人に分かるように説明するのは難しいことなのです。

しかし、著者でない我々がその方法を実践する時には、そうした「才能」の部分を再現しなければ、実践することができません
そのためには、著者自身が気づいていない著者の「才能」を予想する必要があります。

山口真由氏の「才能」

著者の才能を予想するにあたって、最も有効な判断材料はその人の経歴やエピソードです。
先ほど紹介したエピソードを中心に、著者の才能を予想します。

方略思考よりも物量思考の性格傾向

・東大受験直前期の勉強時間は1日14時間30分
・司法試験受験直前期の勉強時間は1日19時間30分
引用:『東大首席弁護士が実践!誰でもできる〈完全独学〉勉強術』p171,p174

通常、このような勉強法の本では、「少ない勉強時間で済みますよ」と主張するのが普通です。
なぜなら、読者は「少ない勉強時間で済む、楽な勉強法」を探し求めているからです。

しかし、このようなエピソードを自著に載せるのは、こうした読者の欲求と逆行しています。普通ならば、このエピソードは黙っておくか、別の自伝本などに載せるものでしょう。

にも関わらず、それでも著者が載せたかったエピソードというのは、著者の強い自己主張が現れていると見るのが自然です。
本の趣旨には合わないけれど、自分を構成する大事な部分だから、載せたいと思ったのでしょう。

それらのことから察するに、山口氏は、方略思考が弱く、物量思考の傾向が強いと思われます。簡単な言葉で言えば、効率を求めてあれこれ試すより、時間をかけて同じ方法を繰り返すという性格です。

既にカリキュラムを把握している

・幼い頃から成績優秀。小・中学生の頃から継続して学校で1番2番の成績。
・中学3年生の時に全国模試でトップになる。
参考:『東大首席弁護士が実践!誰でもできる〈完全独学〉勉強術』p16,p17

これらのエピソードは、自身が「7回読み勉強法」を確立するより以前に、勉強に向いている素地があったことを自白しています。
幼い頃から文字に触れているので「文字慣れ」していますし、中学校までの基本的なカリキュラムは全て頭に入っていたということです。

この事実は意外に深刻です。つまり、
・勉強の中で「全体像を把握する」と言いながら、実は勉強する前から全体像を知っている
・中学までの内容は新たに覚える必要が全くない
のです。
7回読み勉強法の「全体像を捉える」効果と、「読みながら覚える」効果については、低めに見積もらなければならないでしょう。

「できる子」へのアイデンティティと強迫観念

小学生の頃の私は「勉強ができる子」というキャラが自分の存在価値だと思い込んでいた
引用:『東大首席弁護士が実践!誰でもできる〈完全独学〉勉強術』p16

(中学生の頃の)当時の私の最大のモチベーションは、「勉強ができる子」という存在価値を失うことに対する恐怖心にあった
引用:『東大首席弁護士が実践!誰でもできる〈完全独学〉勉強術』p17

これらのエピソードから間違いなく言えるのは、「勉強ができない子」だと思われることに、強烈な心理的抵抗があったということです。
言い換えれば、「勉強ができない子だと思われること」の方が、「辛い勉強をすること」よりも圧倒的に苦しく感じる人だったことが分かります。

この時点で、並みの人とは勉強に対する姿勢がかけ離れていると言わざるを得ません。
普通の人が「目先のテストをなんとかする」などのために勉強するのに対し、山口氏は「自分が自分である」ために勉強していたのです。

普通の人は多少勉強しなくても、テストの点が多少下がる程度でさほど気にしませんが、山口氏は違います。山口氏にとって勉強しないことは、「勉強ができる子」というアイデンティティを失い、自分が自分でなくなる最も危険な行為だったのです。

そのような価値観があったために、山口氏は、勉強することに対して、尋常じゃないほど強い忍耐力を獲得していました。これが最大の才能だと思います。

山口真由氏の「才能」まとめ

ここで一旦、山口氏の「才能」をまとめましょう。
・効率を求めるより、時間や物量で解決しようとする性格
文字に慣れているという素地
・中学までのカリキュラムを完璧に網羅している
・「勉強ができる人」というアイデンティティ
・辛く苦しい勉強法に対する、強い忍耐力

これらが、山口氏が7回読み勉強法とは関係なく持っていた才能です。

ここから、次のようなことが予想できます。
7回読み勉強法は、これらの才能が無ければ成立しないのではないか

先ほどの才能の裏を返せば、7回読み勉強法は
・時間がかかって効率が悪い
・文字に慣れていないと到底無理
・勉強が初めてという人には無理
・勉強する強い動機がないと無理
・強い忍耐力がないと無理
という欠陥が潜んでいる可能性があります。

実際に実践してみた

以上のような仮説を持った上で、実際に7回読み勉強法をやってみました。
その結果、7回読み勉強法の悪いところと、良いところが明らかになりました。

7回読み勉強法の悪いところ

理解度が検証できない

山口氏は、「5回目の読みの時、理解度が2割から8割に上昇する」という表現をしています。

しかし、この”2割”や”8割”というのは、どのような基準で測った数値なのでしょうか?

記述問題なのか穴埋め問題なのか選択問題なのか、選択問題だとしたら難易度はどの程度なのか?
山口氏の著作を把握する限りでは、そうした基準に関する記述は見当たらないので、本人による「感覚的な数字」だと言わざるを得ません

7回読み勉強法において、自らの理解度を把握する手段は、「自分のなんとなくの判断」くらいです。
理解度を客観的に検証する手段は当然ありません。

そのため、勉強計画が非常に立てづらくなります。
「自分がどこまで分かっていないか」によって勉強時間を配分したいのに、頼れる判断基準が「自分のなんとなくの判断」しか無いのは、あまりに危険すぎます。

また、モチベーションも大きく引き下がります。
「自分は本当に覚えられているのか?」という不安を持ちながらひたすら読むことは、強靭な忍耐力が無ければできません。
さらに言えば、それで結果が出るとも限らないのです。自分のなんとなくの判断が、気のせいだという可能性も大いにあり得るからです。

流暢性の誤謬

この、なんとなくの判断が気のせいであるというのを端的に示した言葉が、「流暢性の誤謬」です。流暢性とは、情報をスムーズに処理できること(例えば、文章をスラスラ読めるようになる)、誤謬とは勘違いという意味です。

何回も読めば、「なんとなく覚えられている」と思うことはできます。
しかし、どのレベルまで覚えているかについて、正確に判断することはできません

例えばそれは、「この文章をみたことがあるかどうか判断できる」という低いレベルでしょうか。それとも、「この論点について詳しく説明できる」という高いレベルでしょうか。
覚えることには様々なレベルがありますが、どのレベルのことを差して「なんとなく覚えられている」と言っているのでしょうか。

「なんとなく」では、自分がどのレベルで理解しているかを判断することは、ほとんど不可能です。しかし、人間に備わった「流暢性の誤謬」という性質のせいで、本当は「この文章をスラスラ読める」低いレベルの理解しかしていないのに、「文章を自在に思い出し、説明できる」高いレベルの理解をできていると誤解してしまうのです。

今日もまた多くの学生が、「教科書を何回も読んだから大丈夫」だと思ってテストを受け、いざ解いてみたら「見たことはあるけど思い出せない」という現象にぶち当たります。これは、自らの理解のレベルを「なんとなく」で判断したために起こった「流暢性の誤謬」のせいです。7回読み勉強法は、この落とし穴に最もハマりやすい勉強法だと言えるでしょう。

これらを避けるためには、本当に理解できているかどうか、自分でテストをする必要があります。

テスト効果が薄い

自分でテストを作って解くことには、それだけで記憶を強化する効果があります。これをテスト効果といい、テキストを再読するよりもはるかに効果があります。

テスト効果の面白い性質として、思い出すのが難しければ難しいほど、思い出した時に記憶が強化されます。つまり、ギリギリ思い出せるか思い出せないかのタイミングでテストをすることが、最も効率のいい記憶方法になります。

7回読み勉強法に、「思い出せるかどうか確かめる」テスト効果の側面が無いわけではありません。事実、4~7回目の読みの際、次の展開を予想しながら読むということも述べられています。

しかし、あまりにもテスト間隔が短すぎます。ページを見てから予想するのでは、テスト間隔がほんの数秒しかありません。
その上、考える間も無く正解を見てしまうので、本当は分かっていないのに分かっていた気になる現象(後知恵バイアス)にもかかりやすいのです。

読み・復習の無駄

7回読み勉強法では、例えば4回の読みだけで十分理解した内容についても、あと3回読まなければなりません。テキスト内に、9回読まなきゃ覚えられない苦手な箇所があった場合は、得意な部分についても同じ回数必要になります。
これは学習効率上、避けたい無駄です。

また、前述した「理解度が検証できない」という欠陥のせいで、テキスト内の苦手部分を重点的に復習することができません。
例えば問題集なら、一度全てを解いてみて、間違えたところだけを解き直すなどの対策ができます。
しかし、7回読み勉強法では、自分が間違えているか合っているかすらも分かりません。そのような場合、どこの記憶が弱いのか分からないので、仕方なく全部を読み直すことになります。
これも非常に無駄です。

心が折れやすい

モチベーション面で言えば、最も心が折れやすいのが4回目・5回目の読みです。
1回目から3回目で下見をしているとはいえ、教科書全部を読破するのは、本を読み慣れている人でも苦労します。
ましてや、久しぶりに勉強する人はもっと苦労するでしょう。

また、自分がどの程度まで覚えているのかが分かりづらいため、成長を実感しにくいという側面もあります。
やってみると感じますが、7回読み勉強法を盲信している訳でもなければ、1時間ぐらい読んだ時に「このやり方で本当に覚えられるのかな」と思います。
本来ならば「覚えていることを実感できる手段」が必要なのですが、それらは用意されていません。

文章を疑う視点が一切ない

この問題は、教科書を集中して使う受験勉強だけなら、特に問題ありません。
しかし、教科書以外の様々な文章に触れるような大学での勉強や、社会人の勉強においては、7回読み勉強法の採用は非常に危険です。
間違った情報を含んだ文章、もしくは意見が食い違っている文章を、そのまま記憶してしまうからです。

学校の教科書などは信頼性が高く、その心配はありません。入念に専門家の方々が検討を重ね、様々な検証手続きを踏んで作られています。
しかし、それ以外の文章、例えば市販のビジネス書だったりが同様に信頼できるわけではありません。
読みながら、「ここは違うのではないか?」「私はそうは思わないなあ」という風に、文章を疑う視点が、間違いに引っかからず、誤りに騙されないために必要です。

7回読み勉強法には、その文章を疑う視点が一切ありません。
すでにある文章を、検討もせずにそのまま受け入れてしまうので、自分の意見を挟む余地がないのです。
試験官に気に入られるだけならば通用するかもしれませんが、自分で考えて仮説を立てたり、自身の可能性を広げるための勉強には、あまりにも向いていません。

7回読み勉強法のいいところ

議論の流れの関係で、悪いところを先に挙げてしまいましたが、もちろん良いところもあります。特に革命的なのが、3回目までの下読みでしょう。

認知負荷を下げる下読み

3回目までに行う下読みは本当に素晴らしい着眼点です。
今まで人々が感じていた「読書疲れ」を、「見慣れないページに接することの疲れ」と「内容が分からないことの疲れ」に分解したのは、素晴らしい発見だと思います。

人は新しい情報を受け取ると、認知負荷がかかり、疲れを感じます。
また、傾向として、見慣れたものは良いものだと感じ、見慣れないものは悪いものだと思いやすいのです。

3回目までの下読みは、そうした認知負荷のうち、「見慣れないページがあることの疲れ」を取り払い、中身は分からなくともページ自体には見覚えがある状態に持っていくことで、本自体を良いものだと感じやすくするのです。
この作業は学習意欲を落ちにくくしますし、他の勉強法においても取り入れるべき方法でしょう。

分からないところで立ち止まらない

もう一つ素晴らしい点は、分からなくとも立ち止まらない点です。
問題集などにおいては、「分からない問題は飛ばす」ということができる人が多いですが、文章の続き物になっているテキストにおいてこれをするのは難しいでしょう。
分からない領域に突入した瞬間、「あ、この本これ以上は無理だ」と思ってしまうのです。
本当はそこだけ局所的に難しいだけかもしれないのに、その先はずっと難しいのだと勘違いをしてしまうのです。

7回読み勉強法は、もし分からなくてもひたすら何周も読むという方針があるおかげで、「分からない領域」に対する嫌悪感が薄くなっています。
「また次に読めば良い」という考えが完璧主義を取り払ってくれるので、どんどん次に進めることができるのです。

7回読み勉強法を改造してみた

さて、ここまで7回読み勉強法について散々議論をしてきました。
ここまで良いところと悪いところがわかれば、あとは良いところを活かし、悪いところを直してより良い勉強法を作ることができるでしょう。

 

その勉強法がこちらです。

あわせて読みたい
2回目の採点を終えた後のテスト用ノートの様子。1回目と比べて格段にかけていることがわかる。
教科書を暗記するなら「テスト採点読み」勉強法がオススメ受験が半年後に迫っているので、教科書を覚えたい。 もしくは、有用な書籍を常に脳内に入れてバリバリ仕事したい。 「頭の中に本が丸ごと入...